男性のスキンケアについて

私は今まで、父がお肌の手入れをしているところをみたことがありませんでした。洗顔は体を洗う用の固形石鹸で行っていたし、洗い終わったらタオルでゴシゴシとこすっているのを、何度も目撃しては母とため息をついていました。
そんな父も50代、お肌の衰えが目に見えてわかるようになってきました。吹き出物が出る年齢ではないにせよ、冬場の朝はカサカサとしていて粉吹き芋のようですし、夏場は顔に虫がくっつくのではないかというくらいオイリーなのです。何度、私と母が指摘しても、父は今まで50年間まったく気に留めることすらしてこなかったのです、手入れのしかたがわからず放置する毎日を送っていました。

そこで昨年耐えきれなくなった私たちは、せめて化粧水だけでも使ってもらおうと、ボトル入りの化粧水を父にプレゼントしました。たっぷり使って保湿してもらおうと、しっとりタイプの大きなボトルです。お肌に染み込ませるようにじっくりたっぷり使うよう父に伝えたのですが、使ってくれたのはたったの2日間だけ。化粧水を使った時は、粉吹き芋状態でもなければ肌もつっぱっていませんでした。それでも極度のめんどくさがりやの父は、使用することをやめてしまったのです。

私も母も肌がとても弱く、荒れやすいため、スキンケアにはできるだけの時間とお金をかけています。母はSK-Ⅱ、私はクロロフィルの化粧品が肌に合っていのですが、どちらもけっこうな手間なので、化粧水ひとつでギブアップの父が使ってくれるとは思えません。女性なので、おじさんである父と比べるのは少しおかしいと思いますが、肌が無法地帯ではあまりにもみっともないのでどうしても改善してほしいのです。今は男性でもお手入れをしている方がたくさんいますし、男性用化粧品もたくさん見かけます。ですが原始人のような父にはそのことを説明しても、まったく通じないのです!

めんどくさがりやの父ですが、汚いおじいさんになってしまっては困るので、まずはbulk hommeでの洗顔と化粧水をしっかり習慣にしてもらい、これからもスキンケア指導がんばりま

思春期の頃から肌荒れには悩まされていました。

思春期の頃から肌荒れには悩まされていました。
小学生の高学年にはニキビが出はじめ、中学、高校時代はニキビだらけでした。
小さいニキビではなく、膿が出てくるような、直径1センチくらいあるような大きなものが出ていました。
おでこやアゴラインだけでなく、頭皮にもよくできていました。
当時、色々な洗顔や、ニキビ薬を試しましたが、1番効いた気がするのはオロナインでした。
オロナインを塗って寝ると翌朝、膿んでいたニキビの赤みや腫れが治っていたようにおもいます。
洗顔は男性用のスクラブ入りを使うと刺激が強かったようで、保湿効果の高いやさし目のものがよかったです。
現在、33歳になりましたが、アゴの付近と、アゴから耳にかけてのラインによく吹き出物が出ます。
洗顔は妻の使っている泡立てネットを使い、ダブを使って洗顔をしています。
しかし、不規則な生活と食生活のせいか吹き出物が出て、中々消えることがありません。
アゴ周りは髭剃りのカミソリ負けが原因なのではと思い、シェービングジェルを色々と工夫してみたり、カミソリの刃を3枚歯の女性のムダ毛処理用に変えてみたりで、だいぶアゴ周りの吹き出物は落ち着いてきました。
アルコールや油モノが続くと肌荒れの原因にもなります。
最近、エゴマ油を摂取するようになり少し肌の調子がよい気がします。
腸内環境もよくしてくれるので、便の調子が良くなりました。
ヨーグルト、ヤクルト等の乳製品も良いと思います。
しかし、糖分、カロリーの摂り過ぎによって、肌荒れの原因にもなるので注意が必要です。
後、鼻周りはほっぺたの毛穴が大きく、かなり黒ずんでいます。
特に対処はしていないですが、何とかしたいとは考えています。
仕事上、人に接する機会も多く、肌の印象も相手に好印象を与える大きな要素ではないかと思います。
異性に対してとかという意識は薄らいで来ましたが、仕事面でもお肌の手入れは大事になってくる気がします。

メンズのためのスキンケア

今回はメンズのスキンケアに関しての話です。多くの方が「女じゃあるまいし、俺たち男が肌のお手入れって?」「確かに最近メンズケアって聞くなあ」と思ったことはないでしょうか。私は気付いたときにはすでに肌のお手入れに注目していました。私の今までの悩み、知識、体験、また、最近気になっているスキンケアについてお話ししますね。

メンズもウィメンズと根本は同じです。洗顔をして、化粧水と乳液をつけます。私は当初、お風呂での洗顔のみでした。風呂上がりに化粧水も乳液もしていませんでした。これはむしろ危険なことだと後で知りました。
洗顔をすることで顔の汚れや脂分と共に水分も取り除いてしまっているのです。湿度が多少ある春夏は気づきにくいですが、乾燥する秋冬には肌がカサカサになり、ひどくなるとヒリヒリしてしまいます。取り除かれた水分を化粧水で、さらにその乾燥しやすくなった肌を整えるために乳液を使います。
よって、洗顔・化粧水・乳液がとても大切になります。

ただ、メンズはウィメンズよりもケアが必要なことがあります。1つ目は、脂分が多い。2つ目は水分が少ない。

まず、脂分は女性の倍はあると言われています。脂は汚れを吸着させるので、その汚れが毛穴に溜まって、ニキビの原因になります。私も男性ホルモンが活発になる思春期の頃からニキビに悩まされてきました。その度に、白ニキビをつぶしていました。これを頻繁にしてしまうとイチゴ肌と言われるブツブツ肌になってしまいます。ご注意を!
この脂分を取る作業が「洗顔」です。肌がよくテカテカになる方は男性用の洗顔料がおすすめです。敏感肌の方は刺激が少ないと言われる資生堂のパーフェクトホイップや無印の洗い上がりさっぱりのマイルドスクラブ洗顔フォームがおすすめです。私はニキビができやすいので、脂分をしっかり取ってくれて、刺激になるアルコールが入っていない無印の洗顔を愛用しています。ニキビはできにくくなりました。

次に、メンズはウィメンズに比べて、水分が3割少ないとされています。水分が少ないということは乾燥しやすいので、特に秋冬は肌がカサカサの状態に。顔に白い粉がふいたようになったという方はいませんか。私はまさにそうです。
その乾燥しやすい肌には保湿が必要なので、化粧水と乳液です。乾燥肌の状態は毛穴に細菌が入りやすい状態です。保湿をすることでそれを防ぐ効果があります。特にニキビができやすい方はビタミンCが含まれている化粧水がおすすめです。私は洗顔フォームと同じく無印のアルコールフリー、さっぱりタイプ化粧水・敏感肌用、そしてビタミンC配合の敏感肌用薬用美白化粧水を愛用しています。ちなみに、無印は敏感肌(さっぱりタイプ)用と乾燥肌(しっとりタイプ)用があるので、選びやすいのでおすすめです。

以上が私の体験に基づいたメンズスキンケアについての話でした。最近、プロアクティブというニキビ向けのスキンケア用品が人気で、試してみたいとは思っていますが、ニキビ向けということは刺激成分のアルコールが入っているのではと思うと未だ試してはいません。機会があればですね。

キュレルですべすべオヤジ

花王が出してるキュレルという保湿ローションの出来がすばらしいと思います。

当方何年か前から、所謂「乾燥肌」(そうです 加齢からくるやつです)になやんでおりました。かゆいんです。んでかくんです。んでもって余計にかゆくなるという最悪ループにはまるんであります。辛抱たまらず皮膚科にも何回か足を運びました。ステロイドの塗り薬を処方されて、塗ってしばらくはおさまるんですが、根本的な解決には至らないんです。けっこう体全体がかゆかったりすると、もういちいちチョビチョビ塗ってられないんです。んですぐ薬なくなっちゃうし・・・。

風呂上りの保湿が大事なんですね。お風呂に入ると、肌が潤うと思ってたんですが(液体につかるわけだもんね)、違うんですって。入浴後に潤いが急速に失われるそうです。だから風呂上りの寝入りばなってのがかゆくなるタイミングとして定番なんですって。で、風呂上りに保湿ローションてのが黄金律だそうです。

で、いろいろ試しました 保湿ローション。女性向けが多いんですね。あと匂いがね、香りっていうんですかね、やっぱおっさんなんで、あまり甘い香りっつーのも違うだろってね。で たどりついたこの一品が、花王のキュレル・ローションです。

無香料で、適度に伸ばしやすく、何よりその保湿っぷりが安定感抜群です。かゆみどめを配合してある薬用系のやつは、効き目はあるのですが、ちょっと独特のにおいが気になります。あと、無香料ってのが以外に少なくて、大概のやつは「いい香り」がしちゃいます。少量ならいいんでしょうが、かゆみにまかせてぬるたくると大変なことになります。「甘い香り」も度を過ぎるとただの「くさいおじさん」です。満員電車や混んだエレベーターなんかで何回か恥ずかしい思いをしました。

キュレルの欠点は価格です。高いです。200mlくらいのボトルが定価では1300円くらいします。自分は楽天とかで最安値品をみつけて(それでも900円くらいはする)、まとめ買いしてます。